松本雄吉さんのこと

維新派の主宰 松本雄吉さんが亡くなられた。

心の整理がつかないままに、月日が過ぎてゆく。お通夜の日も、私には日常の営みがあり、当たり前のように翌日も日常が訪れた。今日もそうだ。それは、私のいつもの日々を過ごしているのだけど、なんだか少し違う。その違いは、私にとっては随分大きくて、じわじわと身体の内側から想いが溢れてくる。肉親でない人の死に、これほど打ちのめされたことがあっただろうか。私にとって松本さんはとても大きな存在だったのだ。あまりにボンヤリしている私をみかねて、夫が教えてくた。
人が亡くなっても、地球の質量は変わらないらしい。亡くなって焼かれて骨となった場合、その骨と灰の総量は、たしかにもとの体重よりは小さいけれど、空気中に、その人の肉体だった原子は拡散しており、総量としては変わらないのだとか。人間が死んでも、構成元素自体は消滅するでもなく、そのまま地球上に存在し続けるって。「質量保存の法則」というらしい。化学ってそういうことを解明しているのか。それを聞いた私は、仏教の輪廻転生みたいやなと思った。消えて見えへんだけで、どこかにいるのか。。。

 

ー松本さんへー

短い間でしたけど、維新派の劇団員として松本さんのそばに置いてもらえたこと、舞台をつくる姿勢を間近で見ることができたこと、本当に幸せでした。退団後も、なにかとお世話になりながら演劇活動をしてきたことに改めて気づいています。エイチエムピー・シアターカンパニーが(hmp時代も含めて)活動を続けてこれたのも、松本さんのおかげです。ありがとうございました。それなのに、自分がまだまだ半人前なことが情けない!「いま、おもろいこと」を探し続けた松本さんのように真摯にいまと向き合いたい、そう思います。そのほかにも、思い出すこといろいろあれど想いが溢れすぎて、うまいこと言葉がまとまりません。

消えて見えへんだけで、どこかにおるんでしょう?

どこにいてはんの、松本さん。私はまた会いたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close